2014年3月

 

ちょうど、結婚2年目を迎えた私たちに

新しい命(くろたまごちゃん)が来てくれました。

 

今でも覚えています。

4月上旬の私の誕生日に初めて心拍確認ができました。

 

それなのに・・その小さな命は、

自ら生きることを止めてしまったのです。

 

4月下旬。

次の検診を終えたら、母子手帳をもらいに行きましょうと

言われて受けた検診で、くろたまごちゃんは形を変え、

小さくなり、心臓の動きは一切見えなくなっていました。

 

頭の中では、わかっているつもりでした。

妊娠のうち、8人に1人は遺伝子の問題など受精卵側の問題で

成長しないことがあると・・

 

でも、まさか、自分がそうなるとは考えてもみなかったのです。

 

診察室を出て、病院の中では一生懸命平常心を保っていましたが、

外に出て、歩き始めた瞬間。

 

涙があふれてきたことを昨日のことのように思い出します。

 

流産のことなど、誰も聞きたくないかもしれませんが、私自身。

 

自分がその診断を受けた時に何より欲したのが経験談でした。

 

人それぞれの経過や体調、元の体力などあるので・・・

微妙かもしれませんが、記録しておこうと思います。